広告業界、代理店に入るために必要な資格はなに?文系・理系どちらが求められる?現役の運用者が答えます

ノートパソコンを使っている就活生 WEB広告

WEB広告の代理店に入りたいと考えているけれど、なにか必要な資格があるか知りたい。

WEB広告業界に入るのに、文系・理系どちらが求められるのか知りたい、という就活・転職活動を検討している方向け。

現役のWEB広告運用者の目線で、良くある疑問について解説します。

広告代理店に入るために必要な資格はなに?

机の上に置かれたノートと鉛筆

WEBの広告代理店では、WEB広告に関する営業、広告運用、マーケティングなどの企画立案やコンサルティングのお仕事をします。

就活生や転職活動を検討している方なら、その業界のお仕事をするのに「必要な資格があるのか」について疑問に感じたことはあると思います。

実際に私もお仕事するうえで良く聞かれることになりますが、そんな疑問にお答えします。

まず、WEB広告の業界に必要な資格は「ほぼありません」。

必要ではないですか、とよく聞かれる資格は

  • ITパスポート
  • ウェブデザイン技能検定

などの資格ですが、WEB広告の業界ではあまり重視している企業もありませんし、取っていたからと言ってメリット感はないです。

先に「ほぼない」と言いましたが、広告代理店に就職する際に持っていると有利になる資格はあります。

それが下記です。

  • 「Google広告認定試験」
  • 「WEB解析士(初級でOK)」

Google広告認定資格はGoogleが公式に「この人はGoogle広告の基礎的な知識を有している」と認定した資格で、履歴書にも書けるものです。広告代理店はもちろんGoogleやYahoo!のWEB広告を扱いますので、もっていることで「私はGoogle広告の基礎を知っています」とアピール出来ると強みになるでしょう。

Google広告パートナーバッジを獲得している代理店の場合、そのバッジを維持するために「○○人のGoogle認定資格者が必要」など条件がありますので、資格保持者は重宝されると思います。

また、WEB解析士の資格も初級で構わないので取っておくと、「WEB全般やマーケティング」という代理店の担当者に必要最低限の知識を有しているという証明になります。

WEB解析士の資格は自分で申し込んで試験を受けて取得します。勉強は以下の教材を使って学びますので、目指している人は購入必須レベルだと私は思います。

勉強は問題集と、その解説テキストの2冊を使って行うため、どちらも購入しておくのが良いと思いますよ。

WEB広告業界では「文系」「理系」どちらが有利?

面接を受けている大学生

これは良く就職活動中の学生から寄せられる質問です。

結論をお伝えすると、WEB広告代理店への就職においては「文系・理系どちらでも良い」です。

一部の大きな企業の場合、もしかすると「理系の方が有利」になるかもしれません。その場合は求人情報に「データサイエンティスト」があるかを確認しておきましょう。

データサイエンティストはここ数年で需要が急増している職種で、米AmazonやGoogle本社などを筆頭に、いま求められている職種です。

あくまでGoogle広告やYahoo!広告、SNS広告を配信する側のお仕事に興味があるということであれば、文系でも理系でも全く関係はないので、「学部ミスったかも。。。」と悩む必要はありませんよ。

WEB広告代理店に入るために、その他の必要なスキルはある?

人差し指を立てているスーツ姿の男性

WEBの広告代理店に入るために必要な資格はない、とお伝えしましたが「スキル(能力)」はあります。

それが以下の6つです。

  • 「適切な」コミュニケーションを取る能力
  • ここぞという時のガッツ
  • ポジティブシンキング
  • 自ら学び行動(発信)する能力
  • 英語力(語学力)
  • 業務を効率化する実行力

上記をまとめて、私は「人間力」だと思っています。こうした人間力は高い方が良いです。

WEB広告の代理店含め、広告の代理店に勤めると英語版しか出ていないツールを使ったり、英語で書かれたメディアから最新の情報を拾ってこれる、というのは強みになります。

WEB広告の代理店に属するのであれば特に、「適切な」コミュニケーションを取る能力は必須ですし、自ら学び行動(発信)する能力も重要です。

企業は人が集合して、同じ目標に向かって力を合わせて頑張る場所で、体育の綱引きみたいなものなので。資格よりも人間力を磨いた方がよっぽど経営者に選ばれる人材になる、と私は考えます。

併せて、業務やチームを効率化して効率的に働くことができる環境を作ることができる実行力は重宝されると思います。

  • htmlやCSS、JSが読める
  • Google、Yahoo!のタグマネージャーの設定が出来る
  • マクロが書ける

などの効率化スキルは人材として重宝されます。

私は上記すべて独学で勉強してきました。今後はYoutubeを通して、そうした作業を効率化するための方法なども教えて行くことが出来ればと考えていますので、勉強したい方は登録しておいて下さい。

木村正治のWEBマーケティング大学

さいごに

まとめと書かれた黒板

以上、今回はWEB広告の代理店へ就職や転職を検討している方向けに、よくある疑問点についてお答えしました。

転職する際はなにかと資格があれば有利なのでは、と考えてしまいがちなのですが、実際は組織で働く以上「人間力」を重視している経営者は多いと思います。

経営者が見ている目線や、その企業の社風・働き方にもよりますが、みなさんの仕事の先にいるのは「人間」であることを意識して活動に励んでください。

タイトルとURLをコピーしました