リスティング広告のメリット・デメリットを忖度なしに解説してみた

「リスティング広告メリット・デメリット」と書かれた画像 WEB広告

みなさんこんにちは!福岡のWEBコンサルタント、木村正治です!

リスティング広告を運用しようと考えているため、運用によるメリットやデメリットを知って検討したい。

そのように考えておられませんか?

今回は、リスティング広告運用のメリット・デメリットを、WEB業界への忖度は一切せずに解説していきます。




「木村正治に依頼する」と書かかれたCVバナー

リスティング広告のメリット・デメリットを解説

オフィスで腕組して悩んでいる様子の女性

リスティング広告はここ数年、どこの企業さまも集客のために配信を検討しています。

つまり、WEB広告はネット集客のスタンダードであるということですね。

この項目ではリスティング広告を配信することで得られるメリット・デメリットをお伝えします。

リスティング広告をやるメリット

「MERIT」と書かれた黒色のブロック

まずリスティングを配信するメリットについて解説します。

よく言われていることなのでみなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが。

  • ホームページの集客アップになる
  • WEBからの売り上げアップになる
  • まだ見ぬ新規顧客を集客できる
  • データで知見が貯まり、次に活かせる
  • 紙媒体と比べ、かなり自由に配信できる
  • 配信、停止などスピーディーに行える
  • Gmail、Youtube、Yahoo!など様々な場所に表示できる

上記のように、紙媒体やテレビ広告と比べると少ない手間で、次に繋がる結果が見えること。

さまざまな場所に表示し、新規顧客や見込み顧客に自社のサービスや製品を知ってもらうきっかけ作りができることが大きなメリットです。

リスティング広告をやるデメリット

リスティング広告のメリットばかりが表に出されるため、「リスティング広告を配信すれば売り上げが上がる!!!」と期待しておられる企業さまは多いです。

が、もはやそんなことはありません。リスティング広告には以下のようなデメリットもあります。

  • 効果の検証、分析に知見が要る
  • 表示させるにはGoogle社やYahoo!社の審査が必要
  • 5万円や10万円程度の少額ではなかなか結果に繋がらない
  • バナーなど多くのクリエイティブ制作が必要
  • 専門用語が多く理解しづらい

みなさんもお気づきだと思いますが、沢山の企業がWEBでの集客手段としてリスティング広告を検討しています。

そのため、広告を5万円だけ配信して成果に繋がる!という時代はもう終わっています。

まだまだWEB広告を魔法だと勘違いしている方はいらっしゃいますが、実際はそうではなく。

しっかりと配信の目的や得たい結果、「広告で集客したユーザーをどう購入させるのか」などを設計、分析できないなら配信しても無駄金になるんですね。

リスティング広告は自社で運用しても良い?

さて、最近ではリスティング広告を代理店に依頼せず、自社でWEB広告の配信や分析ができるWEBマーケターを雇用している

そのような企業さまも増えてきています。

ここでは需要の増えてきている「リスティング広告の自社内製」について良し悪しをお伝えします。

自社で運用するメリット

コルクボードのメリットの文字

リスティング広告を自社で運用するメリットはコチラです。

  • 代理店の仲介マージンが減り効率が良くなる
  • よりスピーディーに配信検討ができるようになる
  • 配信知見が自社に貯まる

WEB広告専業の代理店は、みなさんと比べると遥かに広告運用のプロですから広告運用を代理店に頼むメリットももちろんありますが。

上記のような理由から自社運用する企業さまも徐々に増えてきています。

「代理店に依頼すると自社ほどのスピード感が出ない。。。」と悩む経営者の方はいらっしゃると思いますが、自社商材のみに集中して時間を避ける自社環境と比べてスピード感に欠けるのは仕方ないかもしれません。

自社で運用するデメリット

コルクボードのデメリットの文字

先の項目を見ることで、自社運用をすればスピーディーに、広告配信のパフォーマンスもアップするのでは。

そのように感じた方もいると思いますが、現実はそんなに甘くありません。

  • 専門人材を採用するのにコストがかかる
  • 個々に専門性のレベルがあり、必ず成果に繋がるとは限らない
  • 社内に知見が貯まるまでに相当な期間と費用がかかる
  • Google社、Yahoo!社などから最新情報を取得することが難しい

自社での運用はそれこそゼロベースで運用体制を構築していくワケですから、一朝一夕ですぐにできるということはあり得ません。

雇用した人材の知識の質や得意分野によってもパフォーマンスは変わりますので、デメリットはあるんだと注意しなければならないでしょう。

個人的にこれが一番のデメリットだと感じているのは「媒体社からの最新情報を得られなくなること」です。



広告運用の専業代理店であれば、Google社やYahoo!社から非公開のセミナーなどを受けているため、一般の「ちょっとWEB広告をかじった」レベルの方と比べると理解が段違い。

情報は経営資源のひとつですから「WEB広告運用の最新情報にお金を払っている」と考えても損はないと私は感じています。

さいごに

最後にのテキストとスーツ姿の女性

以上、今回はリスティング広告を配信するメリット・デメリットについてお伝えしました。

広告配信はもちろん、良いところもあれば悪いところもありますので「何が自社のメリットになるのか」をしっかりと検討して進めていきましょう。

「初回無料で相談 クリックでメールを送る」と書かれた問い合わせボタン




▼▼木村正治のYoutubeチャンネル「無料でWEBを学ぶCH」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

▼▼筆者紹介▼▼
福岡のWEBコンサルタント木村 正治の自己紹介はコチラをクリック

タイトルとURLをコピーしました