広告の「MCV」とは、重要性と具体的な設定ポイントを解説

「MCVとは 重要性と設定ポイント」のテキストとノートパソコンを扱う手元 WEB広告

みなさんこんにちは!福岡のWEBコンサルタント、木村正治です。

広告やWEBマーケティングをやっていると必ず聞くことになる「MCV(エムシーブイ)」。

具体的にどんなもののことを指す言葉なのかや、広告運用のプロがどういう目的で設定をするのかという重要性って知りたいですよね。

今回は、リスティング広告を配信している際によく出てくる言葉「MCV」について解説していきます。




「木村正治に依頼する」と書かかれたCVバナー

広告のMCVとは

ノートパソコンの上に置かれたデータが書かれた資料

WEB広告でいうMCVとは「マイクロコンバージョン」の略称です。分かりやすく訳すと「小さな成果地点」といえます。

「小さな成果地点」が具体的にどのようなポイントを指すのかを理解するためには、まずコンバージョンの意味をしっかりと把握しておくことが必須です。

もしまだコンバージョン、つまりCVのことをあまり理解できていないのであれば、下記の記事を先に読んで見てくださいね。

知らないとマズイ!WEB用語「コンバージョン」とは【必ず解る!】
WEB用語の「コンバージョン」とは何のこと?というWEBマーケティング初心者レベルの方必見!WEB広告やマーケティングをする際に必須の用語「コンバージョン」について分かりやすく解説しています。

ではここからは、コンバージョンについて理解しているということを前提にお話していきます。

MCVとは「小さな成果地点」とお伝えしました。つまりは「成果そのもの」であるコンバージョンと比べると、一歩手前ぐらいにある成果だということです。

具体的な事例を参照してお伝えした方が解りやすいと思いますので、次の項目でお伝えしていきますね。

マイクロコンバージョンの具体例

腕を組んで考え込んでいるサラリーマン

具体的にMCVはホームページのどのような箇所を計測地点とするものなのか。

例えば飲食店やクリニックのホームページであればマイクロコンバージョン(MCV)は

  • 店舗情報(地図)ページを見た
  • 「お品書き」などの費用感が書いてあるページを見た

などのホームページでの行動地点がMCVとしてカウントした方が良い場所です。

なぜ地図ページを見たことが小さな成果になるのか、についてピンとこない方もいると思いますので、以下に「MCVの考え方」を解説します。

MCVの考え方

飲食店のホームページにおいて、MCVをなぜ地図ページやお品書きページにするのか。

それはユーザー心理になって考えてみると解りやすくなります。

「近くのランチ」などのキーワードで検索して知り得た店舗のサイトに訪れたら、みなさんはどんなことを知りたいでしょうか。



私だったら、どんなメニューがあるのか、営業時間や立地はどこなのか、ということが気になります。

つまりMCVは「成果とまでは言えないものの、意欲がある人ならここを調べるよね」と考えられる地点に設定するもの、だということですね。

MCVは変わるもの?

分岐を示す印と霞がかった空

補足として、MCV(小さな成果地点)というのは変わることがあるのか?という疑問が出てくると思いますので、お答えします。

答えは、「MCVとする地点は変わる」です。

ローカルな店舗さんの小さな成果地点と、企業のECサイト(物を売るサイト)があれば、どちらにも異なるMCVを設定する必要があります。

理由は、成果とするものが異なるからです。

成果とするものが業種や提供しているサービス、その企業の成長フェーズによって違いますから「MCVも変わらなければいけない」という風に覚えてください。

MCVの重要性について

黒板に書かれた電球マークとそれを指し示す手

ここまで、MCVを設定することの意味について具体的にお伝えしてきました。

MCVの意味は良く分かったけれど、どういうメリットがあるの?と疑問になるかと思います。

次にMCVを設定するメリットを紹介します。

MCVを設定することで得られるメリットとは

「MERIT」と書かれたブロックがノートの上に置かれている画像

MCVを設定しておくことで得られるメリットはあります。

それは

  • 成果地点(CV)までの動きが見えやすくなる
  • どこにボトルネックがあるか見つけやすくなる
  • WEB広告の最適化に活用できる

上記のように、売り上げアップに繋がる可能性があること。

費用対効果改善につながる可能性があることが、MCV設定による大きなメリットです。

どのようにMCVを測定して、良し悪しや改善ポイントを判断していくかは私の知見、「お仕事」の部分になります。

ここから先で詰まってしまった方は、ぜひご相談くださいませ。

「木村正治に依頼する」と書かかれたCVバナー

さいごに

「さいごに」と書かれたテキストが空に浮かび上がっている画像

以上、今回はMCVとは具体的にどんなもののことを指すのか。

また設定のメリットはあるのかについてお伝えしてきました。

小さな成果地点ということで、成果であるCVと比べて軽く見られがちなのですが、見込み顧客獲得のために必要な考え方です。

ぜひ覚えてくださいね!

「初回無料で相談 クリックでメールを送る」と書かれた問い合わせボタン




▼▼木村正治のYoutubeチャンネル「無料でWEBを学ぶCH」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

▼▼筆者紹介▼▼
福岡のWEBコンサルタント木村 正治の自己紹介はコチラをクリック

タイトルとURLをコピーしました