独学でも食べていけるWEBマーケティングの勉強方法、フリーでも仕事を貰えるか

黒板に書かれたマーケティングの流れ WEBマーケティング

みなさんこんにちは、WEBマーケティングアドバイザーの木村 正治です。

  • 転職、就職でWEBマーケティングを検討してる
  • WEBマーケティングで食っていくためにどんな勉強が必要か知りたい
  • フリーランスでWEBマーケティングをやりたいけれど、仕事をもらえるか不安

という方は多いと思います。

実際にWEBマーケティングの現場で働くプロのマーケターからの目線として、本当に独学でもフリーランスでWEBマーケティングの仕事をして稼いでいくことができるのか、について解説します。

WEBマーケティングの定義

黒板に書かれたマーケティングの流れ

まずWEBマーケティングについてしっかりと理解していない方や、実際に企業が依頼するWEBのマーケティングの実態をちゃんと理解できていない方も多いと思いますので、WEBのマーケティングについてお仕事の内容を解説します。

ここで質問ですが、「WEBマーケティングと言うと、みなさんはどんなことを想像するでしょうか?」

WEBを使って集客して、サイトの収益を上げるための案を出して効果検証していく!みたいなイメージでしょうか。

以前であればそれで正解でしたが、スマートフォンが登場し、様々な人があらゆる場所で気軽にデジタルに繋がることができるようになった現在。WEBマーケティングは非常に広い範囲を意味するお仕事になってきています。

実際に私がWEBマーケティングアドバイザーとして様々なクライアントさんとお仕事をしている具体的な内容をお伝えした方が、イメージが湧きやすいと思いますが。

WEB広告の業務だけでも、

  • ターゲット選定
  • 予算配分のプランニング
  • 配信媒体の策定
  • バナーやクリエイティブのアドバイスや作成指示
  • ホームページ、ランディングページに関する作成や修正/改善提案
  • キーワードや広告文の作成
  • 広告の効果測定タグの発行や設置、動作確認
  • クライアントやエンドクライアントへの説明、動向
  • 広告のレポート作成と次の一手を提案

と言った具合に様々な業務を一人で担当することが殆どで、WEBマーケティングができる=WEB周辺のスペシャリストとして考えた方が良いレベルまで、近年やることが引き上がっています。

独学フリーランスでもWEBマーケティングで稼げるか

ノートパソコンで記事を書いている様子

上記の定義を元に結論からお伝えすると、「独学のフリーランスに対し、WEBマーケティングの仕事はほぼ降りてこない」です。

先にお伝えしたようにWEBに関する知識だけではなく、マーケティングのノウハウも必要になりますので、「独学でやってきました!」という方に自社の売上の未来を託すのは「かなり不安」だと私は感じます。

私が経営者だったら、少なくともよほど名のある方でもない限り、フリーランスのWEBマーケターに自社のWEB戦略を任せることはしないでしょう。

以上の理由から、フリーランスでWEBマーケティングの仕事は「ほぼ獲れない」と考えた方が良いです。

獲れたとしても「搾取されるだけ」の、少額で大変な案件だと思います。

WEBマーケティングを求めている企業は増えています

スーツ姿の男性

WEBマーケティングが出来る人材、所謂WEBマーケターのニーズは年々上がっています。

理由は、WEB周りのお仕事を「内製化」する企業が増えてきているからです。

私は某大手球団のWEBコンサルティングをしていましたが、大きな企業さまほど「WEBの内製化、ノウハウの蓄積」を重視している傾向にあると感じます。

これからの社会、少子高齢化により徐々に企業が淘汰されていく一方で、ライバル企業とのデジタル/アナログ両次元での激しい凌ぎ争いが起きていきます。

そんな中でWEBマーケターが企業におらず、最新のマーケティング手法が分からないと言うことは、羅針盤を持たずに航海に出るようなものだと私は思います。。。

ところであなたは、AmazonやGoogleが昨今、マーケターやデータサイエンティストだけでなく、経済学に縁のある人材を多く採用しているという話を聞いたことがありますか?

私は上記の情報からWEBマーケターに今後求められる知識はより広がると考えています。

急速に変化していく社会にどう対応するのか、経営者の目線でマーケティングを考えることができる人材が必要とされていると思います。

そして、WEBマーケターはWEBにおける自社戦略の「羅針盤役」となる重要人物になりますので、WEBのことを包括的に理解し、豊富なノウハウが必要になるのです。

独学でWEBマーケターになるなら、最低限押さえるべきスキル

青空に書かれたPOINTの文字とイラスト

ここまでで、独学のフリーランスでは企業に求められるWEBマーケティングが出来る人材になるには、「かなり約不足である」ことがご理解いただけたかと思います。

とはいえ独学でWEBマーケティングのスキルを身につけて、転職を有利に運びたい!という方もいるかと思いますので、この項目では、現役のWEBマーケティングアドバイザーである私から、いま現場に就職するならこのスキルが最低限ないと厳しい(特に30代の方は)というスキルをお伝えします。

私は20代に遊び呆けてしまったので、30代での転職→WEBマーケターとして活躍できる場をいただくまでにとても苦労と後悔を感じてきました。

30代で休みもあまりとらずに仕事の勉強やノウハウの獲得に明け暮れる必要もありました。

そうならないために、これからWEBマーケティングを学びたいという方が少しでもポイントを理解して効率的に学べるように以下を紹介しますね。

WEB広告に関する知見

Google社のロゴ

WEBマーケターなら現在マーケティングの主流であるWEB広告に関しては「必ず」押さえておかなければいけません。

というか、知らなければ「話にならないレベル」だと思った方が良いぐらいです。

どのクライアントさんとの話でもほぼWEB広告の話が出てきますので、「知らないとWEBマーケティングを担う人材としては不十分」だと考えましょう。

特に

  • Google広告
  • Yahoo!広告
  • SNS広告

この3つの配信面(どこに広告が出せるのか)や、配信できる内容(どんな人に配信が可能か)ぐらいは最低でも覚えておいた方が恥をかかないと思います。

理由として、企業のWEB担当者さん達でWEB広告をいまだかつてやったことがない、という人は年々かなり減ってきているためです。

やったことがある人が多い中に、WEB広告をやったことがない人が切り込んでいき発言権を得るのはかなり厳しいのは目に見えていますので、知見は必要です。

私もYoutubeで「WEBマーケティング大学」として、WEBに関するマーケティングの知識全般が学べるチャンネルを持っていますので、ぜひ見てみて勉強に活かしてください。

WEBのデザインに関する知見

ノートパソコンを使っている女性

続いて、WEBのデザインに関する知識も持っておくべきです。

未経験でも大丈夫!という企業に転職や就職するのであれば、WEBマーケターとしては広告が第一なので、WEBデザインは二の次になるかと思います。

が、広告のバナーや広告の着地先に関するアドバイスや意見を求められることもWEBマーケティングをしていると多くなります。

そして最近ではWEB広告の成果は「広告だけでは上がらない」ということが常識になってきており、必ず広告から遷移するホームページや着地ページの改修や改善提案が必要になります。

その際に適切なアドバイスや意見が出せるよう、下記のようなサイトで様々なバナーデザインを見て、「良いバナー」を見る目「良いサイト」を見る目を養っておくと良いですよ。

私は未経験でWEB業界に飛び込みましたので、WEB広告に関する知識はすんなり入りましたが、WEBデザインに関する知見を付けるのに実務に携わりながら2年ほどはかかりました。

その間はやはり「木村はデザインは弱いから」と言われてしまうこともあり、非常に悔しい(クライアントさんの役に立てない悔しさのような)気持ちを味わいましたので、デザインに関する知見は必須だと思います。

サイトやSNSなどユーザーの行動分析に関する知見

右肩上がりのグラフ

次に必要だと思うのは、マーケティングやWEBサイトの行動データを分析する知見です。

マーケティングに関するノウハウは先達の非常に参考になる書籍が沢山出ていますので、そちらを読むと、マーケティングに関する思考方法やメソッドは理解できるようになります。

最近私が読んで面白いと感じたのは、森岡 毅さんの「マーケティングとは「組織革命」である。」という書籍です。

USJをV字回復させたことで有名なプロマーケターの一人ですが、思考方法や対応方法が詳細に書かれており、非常に勉強になりました。

一方で、サイト内のデータ分析やユーザーの行動分析はいま主流であるため、理解しておいた方が良いです。

ゆくゆくは分析計はAIがあるていど補助してくれるのではないか、と私は予想していますが、「データサイエンティスト」などニーズも増えていますので、実際に仕事に就いたら必ず必要になる場面がきます。

コーディングに関する知見

WEBのマーケティング分野にコーディングに関する知識が不要だ、と考えている人は浅はかです。

WEBのマーケティングはWEB広告を使った集客も担当しますので、WEBサイトに関わること、つまりコーディングの知識は必要不可欠です。

コーディングというとHTMLやCSSといった要素になりますが、特にHTMLコードぐらいは読めなければ、GoogleTagManager(以下GTM)でのコードの設置/発火の正誤確認が正確に出来ずに悩むことになります。

具体的に実業務でどんなことをするかというと、GTMがうまく動作せずに広告の成果が計れない場合、GTMタグの埋め込み位置が正確なのかや、コードの差し込みが静的なのか動的なのか、発火のタイミングにズレがないのかなど細かく調査分析する力が必要になります。

正直、独学ではこんなところまで学べないと思いますので、独学でWEBマーケティングをやるのは「ほぼ不可能」だと私は思います。

例えばですが、アフィリエイトやライティングなどWEBマーケティングの中の「1部分のみ」対応することは出来るかも知れませんね。

企業がWEBマーケティングの担当者に求めるスキル

人差し指を立てているスーツ姿の男性

ここからはWEBマーケターになりたいなら、具体的にこのスキルがあれば就職に役立つ、面接官にもウケが良いと私が考えるスキルを紹介します。

どれも実際のWEBマーケターの仕事現場で役立つ資格やスキルなので、学生の方などは時間を有効活用して勉強しておくと強みになりますよ。

Google広告関連の試験

Googleスキルショップのキャプチャー画像

Google広告に関する試験ですが、誰でも無料で受験でき、持っていると履歴書にも書けるスキルなので取得しておくと良いです。

Google広告にはパートナーシップ制度があり、パートナーとして一定の条件をクリアした企業は、Googleの認定バッジ(バナーみたいなもの)を利用できます。

その取得条件の一部になるのがこの試験に合格していることなので、持っておくことでスタートアップ企業にもニーズがありますし、中小企業や大企業にもアピールできる要素になるでしょう。

実際に試験を受けてみると解りますが、最低でも半年ほどはWEB広告について実務を通じて学んだ人が受けるようなレベルなので、結構難しいです。

就活時は周りの学生が取っていない人の方が多いでしょうから、かなりの強みになるでしょう。

実際に私も、この試験を学生で取っている人がきたら「おっ、見どころある人がきたな」と、会うのが楽しみになります。

WEB解析士の試験

机に置かれたデータ

WEB業界に転職しようと考える際に、ITパスポートを取ろうとする方が多いようなのですが、ITパスポートよりもWEB解析士の資格を取っている方の方が、より実務を理解しているレベルだと認識されます。

街の大きめの本屋さんに行くと実際の試験テキストが売っているので、目を通してみると分かるかと思いますが、試験の内容は非常に多岐に渡っています。

WEB業界で実際に仕事をして何年か経過した人が取るような試験なので、入社時にこの試験を取っていると一目置かれますし、即戦力として期待が持てます。

セルフマーケティングの実績やノウハウ

野外でスマホ画面を見て微笑む女性

WEB業界に就職や転職を考えている方であれば、既にセルフマーケティングが非常に重要な時代になったことを理解しておられるかと思います。

Youtubeの盛り上がりやインスタグラマー、TikTokerなど様々な場所で自分なりのマーケティングを展開して、有名になっている方は年々増えています。

こうした様々なプラットフォームを使ってセルフマーケティングを行ったノウハウや、成功事例を持っていること。

フォロワーが多く影響力があることが、アナタ個人の価値を高め、行動しやすくしてくれる財産になるでしょう。

オウンドメディアマーケティングの実績やノウハウ

キーボードの上に置かれたBLOGの文字が書かれたブロック

私のようなブログでも、アフィリエイトサイトでも言えますが、自身のメディアを持って配信してきた実績やノウハウも重宝されます。

私はこのサイト以外に4つほど自身で立ち上げたWEBサイトやブログを持っていますが、運営することで様々な業種でのSEO対策のノウハウが身に付きました。

記事の執筆を継続的に行うことで、業務においてはメールをさばく速度や、クライアントさんへ送るメールの温度感を上手く調整できるため、企業にとっても嬉しい人材になるでしょう。

また、オウンドメディアを持つことで「どうやって集客するのか」というマーケティングにおける課題と向き合ってきた経験にもなりますので、アナタの強い味方になります。

さいごに

ホワイトボードに書かれた「最後に」の文字と、その文字を指す女性

以上、今回はWEBマーケティングを独学で学びたいという方向けに、最低限押さえておくべきことと、持っておくと強みになるスキルや試験についてお伝えしました。

文中に書きましたが、私もWEB業界に入った頃は初心者でした。

色々な苦悩や挫折を経験しながら、こうすればWEBマーケティングの知識やノウハウ獲得に役立ったなと感じた内容をお伝えしています。

私から週に1回、最新のマーケティングに関する情報を配信する有料Noteや、WEB広告・WEBマーケティングについて完全に初心者の方向けに「WEBマーケティング大学」というサロンの開設を検討中です。

開設し次第改めてお伝えしますので、興味がある方はぜひご参加ください。

最後になりますが、私はYoutubeで「木村正治のWEBマーケティング大学」という公式チャンネルを開設しています。

WEBに関すること全般を学べる、私のノウハウをすべて詰め込んだチャンネルになっていますので、勉強したい方はぜひ一度御覧ください。

木村正治のWEBマーケティング大学

タイトルとURLをコピーしました