ホームページのアクセス数目安はどれぐらいが適切?自社がどのレベルか分かる参考値

「アクセス数の目安」と書かれたテキストと棒グラフを書くスーツ姿の男性 WEBマーケティング

みなさんこんにちは!福岡でWEBマーケティング、データ分析、SEOを専業にしている木村正治です!

ホームページを作って運営していると、自社のアクセス数って気になりますよね。

しかし

アクセス数って月にどれぐらいあれば良いか、目安が分からない。。。

というような悩みのご相談は良く私も受けています。

実際、社内や近くにアクセス解析の専門家がいないと、なかなか現状分析や次の一手というのは見つかり難いものですよね。

今回は、ホームページのアクセス数はどの程度が適切なのか、という目安について簡単に解説します。

「アクセス解析レクチャー 専門用語なく解説 まず相談してみる」と書かれたバナー画像

ホームページのアクセス数はどれぐらいを目安にするべき?

まず結論からお伝えします。

ホームページのアクセス数の目安ですが、御社の業種やサービスによって全然異なります。

そのため、一概にこれだけあれば問題はない、とは御社サイトを分析してもいない状況では申し上げられません。

しかしながら一般的に立ち上げから間もないようなホームページだと、訪問数は30~100あるぐらいが「最初の目安」です。

私もいくつか記事メディアを運営していますが、初めはとりあえず訪問数100/月を目指して記事を書いて行った時期があります。

一方、運営して1年~3年ぐらい経っているのであれば訪問数は1,000~5,000ぐらいはないと厳しいでしょう。最低1,000ぐらいが1年以上経ったサイトの集客力の目安です。

WEB広告などの手段を使わずに訪問数が月に5,000もあれば、中小企業のホームページレベルであれば十分と言えます。

アクセス数を増やす方法

右肩上がりのグラフ

次に、ホームページのアクセス数を増やしたい方は、この項目を読んでみると良いでしょう。

アナタも実感していると思いますが、立ち上げて1年前後のホームページはまだまだ集客する力が弱いです。

ましてや今は高校生や大学生でもホームページを持っているような時代なので、「ホームページを作っただけで人が来てくれてモノが売れる!」という夢のような時はとっくの昔に終わっています。

そのためアナタもWEBでの集客に苦しんで、悩んでいることだと思いますが、立ち上げ間もないホームページの集客を増やす方法は以下です。

  • ブログ記事を書いてSEOで集客する
  • WEB広告を配信して集客する
  • SNSを運用して集客する
  • リンクサイトに投稿して集客する

上記の4つがオーソドックスな方法ですが、特にいま人気なのがWEB広告での集客です。

まずは予算10万円を用意してWEB広告で集客を始める方が大多数ですが、作って間もないホームページを人に紹介するためにも、必要経緯だと考えている企業は増えていますね。

また、YoutubeやTikTokなど動画プラットフォームを含めたSNSも、集客施策として良く選ばれますので、多角的にアクセス数を増やしたい場合には検討すると良いでしょう。

WEB広告の運用については、私は1,000以上のお客様の広告運用をしてきましたし、宣伝会議で広告に関するセミナーを行ったこともあります。

上手く運用できるか自信がない方は、運用についてご依頼いただければ私がリードして対応を進めますので、お気軽にご相談ください。

「アクセスUP WEB広告代行」と書かれたバナー画像

さいごに

以上、今回はホームページのアクセス数についての目安を、プロの目線で解説しました。

ホームページを作ったものの、どれぐらいのアクセス数を目安にやっていけば良いか分からない。。。と感じている方は、まずは30~100を目指してみてください。

1年前後経った時に1,000程度あれば上出来だと思います。

▼▼Youtubeチャンネル「木村正治のWEBマーケティング大学」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

タイトルとURLをコピーしました