【アクセス解析でわかること】どう読み解けば良いかを分かりやすく解説

「アクセス解析で分かること」と書かれたテキストとノートパソコンでタイピングする女性の手 WEBマーケティング

みなさんこんにちは!福岡でWEBマーケティングをしている木村です!

「ホームページを立ち上げたらアクセス解析が重要」ということは知っているけれど、実際のところアクセス解析で一体なにがわかるのか?

という風に、いま一歩アクセス解析について理解できていないという状況の方は多いと思います。

今回は、WEBコンサルティングを生業としていて、日々様々な企業さまのアクセス解析・次の施策の立案、セミナーをしてきた私から、「アクセス解析で分かること」について

初心者の方でも分かりやすく専門用語をなるべく使わずにお伝えしていきます。

「無料お試しサイト診断 今すぐ相談してみる」と書かれたバナー画像

アクセス解析でわかること

WEBのツールアイコンが表示された風景

まず、みなさんが一番知りたいであろう、アクセス解析でわかることについて解説しますね。

アクセス解析でわかることは大きく1つ。

「ホームページを訪問してくれたお客様のこと」です。

リアルで対面していたら、実際にアナタの目からその人の体系や髪型、背丈や話し方、月に何回きてくれていて、どの商品にいくらぐらい使ったのか

みたいな情報が得られると思いますが、それと同じです。ホームページを閲覧している人は

  • 何歳ぐらいだったか
  • 男性か女性か
  • どの地域からきたのか
  • 使っているのはPCかスマホか
  • どんな興味関心がある人か
  • 何ページぐらいアナタのホームページを見たか
  • 月に何回きているか
  • どんな商品を買ってくれたのか
  • どの情報を最も良く見ていたのか

こうした情報が、ツールを入れておくことによって蓄積されるようになり、私のようなWEBマーケティングをしている者がアクセス解析によって、溜まったデータを読み解くことで理解できるようになります。

以上がアクセス解析で「代表的な」分かることです。どうでしょう、ちょっとはアクセス解析でわかる内容についてキャッチできたでしょうか。

アクセス解析が必要な理由

オフィスで腕を組んでこちらを見ている中年ビジネスマン

次に、「アクセス解析でわかること」でお伝えした複数の項目を読み解くことが、「なぜ重要なのか」についてを解説します。

ここがちゃんと理解できていないと、「アクセス解析なんて今のウチには必要ないだろう」と誤った判断を下してしまう可能性もあります。

私が思うアクセス解析が必要な理由は

  • 自社の集客戦略が間違っていないか判断ができる
  • 重大なトラブルが起きていないか早期発見できる
  • ホームページがWEB上での「対面接客の場」として機能しているか分かる

上記のようなところがデータを分析していくことで見えてくるので、私は企業や店舗さんは特に必須だと思います。

せっかく何時間も会議を重ねて行った集客施策も、ホームページを訪問してもらえていなければ無駄な時間ですよね。そこにいくら時間を注ぎ込んでも意味がないかの判断は、経営者やWEB管理者に必要です。

「ホームページ分析始めないとな」と書かれたテキストと腕を組んで宙を見上げる中年サラリーマン

また、WEBの世界では稀に不正なアクセスでホームページに攻撃を受けたり、制作会社の間違いで機能しなくなったリンクなどが発生します。そうしたトラブルも、自社のデータを見慣れておくことで早期発見できます。

最後に最も重要なのが、「ホームページが対面接客の場」としてちゃんと機能しているのかを知ることです。

WEBコンサルティングをしていて、様々な企業さまのホームぺージの設計についてもアドバイスしてきましたが、一番多いのが「作っただけで終わっていて、何の役にも立っていないホームぺージ」です。

こうした誰のためにお金をかけたのか分からない、とても勿体ない状況を炙り出すのも、アクセス解析をする人(WEBマーケターやWEBコンサルタント)の役目ですね。

アクセス解析で重要な目線

太陽に向かって歩くサラリーマンのシルエット

ここまで、アクセス解析で分かることと、アクセス解析が重要である理由について解説しました。

私が先日記事にした「アクセス解析とは」の記事も併せて読んでいただければ、あらかたアクセス解析についての概要は理解できたと言えると思います。

アクセス解析とは、初心者向けに分かりやすく解説
「アクセス解析」がどういうことを意味していて、どんな作業をすれば良いのかについて、初心者の方向けに専門用語をなるべく使わずに解説しています。これからアクセス解析をしてみたいけれど、どういうツールを使ってやれば良いのかな、と悩んでいた方にオススメです。

最後にこの項目では、アクセス解析をしていくうえで最も重要な目線についてお伝えします。

繰り返しますが、これからお伝えすることがデジタルマーケティングをする上で「最も重要」なので、良く覚えてください。

いかなる時も顧客目線に立って考える

「ウェブも顧客目線」と書かれたテキストとレジでレシートをお客さんに渡し説明しているスタッフ

特に企業が陥る間違いですが、自社の目線に立ってホームページの情報を更新して行ったり、レイアウトやデザインを考えても全然意味がありません。

これはホームページを制作する現場では良くある話ですが。。。

WEBマーケティングをやっている知見のある担当者がホームページのリニューアルを牽引している際に、デジタルマーケティングのことを全然知らない社長さんから強い希望が入り、ホームページのレイアウトを社長さんの好みに変えた、ということが非常に残念ですが良くあるんですよ。

これは本来、社長さんの好みに合わせる、会社の社風に合わせるのではなく、「企業が対象としているユーザーに合わせる」のが大正解です。

なぜなら、ホームページは企業のためにあるのではなく、企業の提供しているサービスを使ってくれる顧客のために用意しているからです。

この記事を読んでいる方は、絶対にこのことを忘れてはいけないと覚えておいてください。

顧客側の気持ちで言うと、「なんだか解りづらいから、もうこのホームぺージを使わない」というのは良くある話です。

最後に

最後にのテキストとスーツ姿の女性

以上、今回はアクセス解析でわかることについてをメインテーマに紹介し、それに付帯する内容も簡単ですがお話ししました。

私は福岡でこのようにアクセス解析をすることで、企業さまのデジタルマーケティングの支援を行っています。

東京など遠方のお客様もいらっしゃり対応は可能ですので、アクセス解析を依頼したいな、という方はぜひ下の画像からメールで相談してください。

「コストパフォーマンスが高い解析環境を提供すること」が私の信条ですので、お役に立てると思います。

「無料お試しサイト診断 今すぐ相談してみる」と書かれたバナー画像

▼▼Youtubeチャンネル「木村正治のWEBマーケティング大学」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

タイトルとURLをコピーしました