SEO対策は意味がない?〇〇のないSEOは時間の無駄です

「SEO意味がない!?」と書かれた文字と、パソコンで検索しているサラリーマンの手元 SEO

みなさんこんにちは!福岡のWEBコンサルタント、木村正治です!

SEO対策をしているけれど、全然売上に繋がらず「意味ないじゃないか」と感じていませんか?

今回はSEOを集客施策として選ぶ方がしている「無意味なSEO」について解説します。




「木村正治に依頼する」と書かかれたCVバナー

SEO対策は意味がない?〇〇のないSEOは時間の無駄

デスクでノートパソコンを使って作業しているサラリーマンの手元

結論からお伝えします。

無料だからと言ってSEOを集客方法に選ぶ方は多いのですが、「戦略のないSEO」は時間の無駄に終わります。

ここで言う戦略とは何か。

それは

  • どのようなキーワードで
  • 取り込んだ人に何を訴求し
  • どう売上に繋げていくのか(サイト設計含む)

という集客のストーリーです。

詳細についてはまた後ほど解説しますが、多くのSEOが無駄に終わるのは「集客のストーリーがないから」だと私は考えています。

意味のないSEO対策をしないための考え方

ガッツポーズしているスーツ姿の男性

先にSEO対策には意味がないんじゃないかと感じている方に、自社のSEOによる集客設計・戦略に穴がなかったのかを確認していただきたかったた結論をお伝えしましたが。

ここからは「どのようにSEO対策を行えば意味がある集客になるのか」について簡単に解説します。

SEOはWEBマーケティングの施策の1つだと考える

男性の掌に浮かび上がっているWEBのアイコン

SEOで集客したい!と考えているなら忘れてはならないのが、SEOはあくまでWEBマーケティングという分野の中の

1つの集客施策でしかないということです。

これは「SEOだけやっているからダメなんですよ」と言いたいワケではありませんよ。

SEOをやるなら、他のところも同時に強化・分析しないとマーケティングは成立しないですよ、と言う意味です。

どれだけSEOで人を呼んだとしても、狙っている人と違う方がくるようなキーワードで上位化していたら意味がありませんし。

せっかくホームページに人が来ても、接客をする肝心のホームページが役立たずのポンコツだったら意味がありません。

このようなかたちで「SEOは万能ではないことを大前提」とし、ホームページを含めたすべての集客施策を繋げた施策が必要なんですね。」

あなたのSEO施策にはSEO以外の全体施策はありますか?

SEOは検索1位に拘り過ぎない

表彰台のイラストに置かれた金から同のメダル

SEOをやっているとついつい熱中しすぎてしまい、1位に拘っているという方も少なくありません。

私もこれまでWEBコンサルやSEOのご相談案件で「SEOで1位を取りたいんです!」という社長さまとお話してきました。

どなたにもお伝えしていますが「SEO1位に拘るより、売れる仕組みを作ることの方が大事」です。

SEO1位になったから売り上げが上がる、というほど簡単な話ではないんですよね。

一番上に表示されれば売れるのであれば、SEO1位のサイトよりも上に表示されているWEB広告からどんどん売上が上がっているでしょうから。

依頼業者の出す結果や対応力を見る

会議している男性と女性

SEOは「記事を書く」ということにフォーカスして回答すると簡単な施策に見えますから、自社で内製していることも良くあります。

実際はSEO業者だったり、広告代理店にSEO対策を依頼していたり。私のようなWEBコンサルタントにSEO対策の指導をしてもらっている、という企業さまも多いものですが。。。

そうした他の企業に依頼している方は、依頼業者の対応した結果や対応力(提案力)はしっかりと見て判断しておきましょう。

経営者だと「馴染みの人に頼んでいる」という方もいるのですが、その馴染みの方の情報が最新ではなければ刻一刻と競合他社に後れを取っていくことになります。

競合に後れを取る、マーケットに対して後れを取るということは事業者からすれば敗北を意味することがありますから、付き合う業者の対応力は判断し。

必要であれば乗り換えることも検討しましょう。

古い情報を参考にしない

信憑性と書かれた文字を拡大している虫眼鏡

「SEOは結果が出ないから無駄だ」と感じている方の中には、「それ何年前の情報ですか?」というような古い情報を信じてSEOをやっている方もいます。

情報は日々アップデートされていきますし、WEB業界では1年以上前の情報は既に古い可能性もあります。

例えば

  • 外部リンクがSEOに効果的
  • 記事の文字数が重要
  • キーワードの出現率が重要

などなど、既にあまり意味を成していない対策方法を取ったとしても順位の上昇は見込めないでしょう。

外部リンクだけは「ジャンルの関連性が高く、影響力もあるサイトからのバックリンク」は悪くはありませんが、昔に流行ったような品質の低いサテライトサイトからのリンクなど無数にあったとしても順位上昇への貢献度は極めて低いと思います。

このようにして情報を新しくして、自社に必要なSEO施策が取れているかは見ておくべきです。

分析をする

地球を照らす太陽、浮き出ているデータ

SEOで集客しているのに、いつどんな人がどれぐらい来ていて、何のページを読んでいるのか。

ということすら分析して把握していない企業さんは結構います。

「アナリティクスは入れていると思うけれど見ていないね。。。」というようなことはありませんか?

それは、自社が時間とリソースをかけて行った結果に興味がないということです。

SEO施策があたっているのか、そうじゃないのかすら分かっていない場合はシンプルに無駄金なので、すぐにマーケティングの分析をすると良いでしょう。

分析が自社でできない場合ご依頼いただければ私が分析して集客の次の一手を指導しますので、気軽にメールを送ってください。

「初回無料で相談 クリックでメールを送る」と書かれた問い合わせボタン

さいごに

「さいごに」と書かれたテキストが空に浮かび上がっている画像

以上、SEOは意味がないんじゃないか?と考えている方が陥る悩みと、その解決策についてコツを紹介しました。

具体的なやり方などは私の経験則もありますので、なかなか文章にしてお伝えするのは難しいのですが。ご依頼いただければ共有していくことは可能です。

迷っておられる方の参考になれば幸いです。

「初回無料で相談 クリックでメールを送る」と書かれた問い合わせボタン




▼▼木村正治のYoutubeチャンネル「無料でWEBを学ぶCH」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

▼▼筆者紹介▼▼
福岡のWEBコンサルタント木村 正治の自己紹介はコチラをクリック

タイトルとURLをコピーしました