学歴は本当に必要?それとも不要か、日本での学歴の必要性とは

「学歴、必要?不要?」のテキストと、デスクでオフィスワークをしている人形 仕事

みなさんこんにちは!福岡のWEBコンサルタント、木村正治です。

将来のことを考えて大学に行くべきか、またはこのまま大学で勉強を続けるべきか悩んでいますよね。

世の中にポジショントークが溢れ返っていて「本当に学歴が不要なのか、それとも必要なのか検討がつけられない」という方はいると思います。

今回は、学歴不要説・学歴重要説のどちらを選ぶべきなのかについて解説します。




「木村正治に依頼する」と書かかれたCVバナー

学歴は必要か、不要か結論

グッドサインをしている笑顔の男性

まず結論をお伝えします。

あくまで私のこれまでの経験を元にしたお話しですが、学歴は必要です。

日本で仕事をするにも、海外で仕事をするにも「起業しない限りは」学歴の必要性は高いです。

明確な理由が1つあります。それは

企業が学歴を見ているからです。



シンプルに考えれば分かりやすいと思いますが、みなさんが雇ってもらいお給料をいただく。

いわば「自分にとってのクライアント」とも言える企業側が学歴を重視しているのですから、アナタが学歴の必要性を低くする理由はないと思います。

例えばアナタに相当なマーケティングスキルや商才があり、今すぐ独立企業できる状態なのであれば、学歴は「どちらかといえば不要」だと思います。

ただし、多くの一般的な学生にとっては「雇用」と「安定」は重要な人生のテーマであるハズです。

であれば、社会が求める水準の学歴は手にしておいた方が損をする回数が減る。そういうシンプルな考えで良いと思います。

学歴のメリット・デメリット

芝生に置かれたメリット・デメリットの文字

学歴を手にしておいた方が損をしなくなる、先ほどそうお伝えしました。

学歴を得ておく最大のメリットとして、「多くの企業が求めている水準をクリアしておくことで、得られる恩恵」があると言えます。

一方「自分で独立して、フリーランスや起業をして生活をしていくことを考えているのであれば」、学歴は不要です。スキルを高めないと話になりませんので、経験を積んでいきましょう。



自分で自分を食わせるだけの力があるのですから、他人に学力で評価してもらう必要はないからですね。

フリーランスや起業家は学力ではなくスキル、品質で評価されることの方が多くなりますから、そもそも軸が違うんですね。

ただ、そうしたフリーランスや起業家でも「初回だけは」学歴という物差しで見られることがあるため、一概に経営者に学歴は不要だとは言えません。

なぜ企業は学歴を重視するのか

面接を受けている大学生

これは不思議だと思っている方は多いんじゃないでしょうか。

なぜ企業は学歴を重視するのか。

良く聞くのは

  • 大学を出ておけばマナーやルールはある程度身についているだろう
  • 大学を出ていれば、そこそこ学力があり仕事でも自発的に考えられるだろう

上記のようなざっくりした話です。



ちなみに学歴を物差しとしているのは日本だけではなく、世界でも同じく「学歴」という物差しが通用します。

「とりあえず大卒だったら安心だろう」というようなものなので、尚更私は「企業で働くのであれば」大卒の称号を得ていた方が最初の損はなくなると感じます。

高卒による損、大卒による損とは

念のためお伝えしておくと、高卒であることの損と、大卒であることの損は異なります。

社会人になるとどちらも損をする場面があるんですよね、それは以下のようなものです。

高卒による損

高卒で就職する場合、スタートの給料でまず損をします。

大学卒と比べて4万円〜それ以上の金額差が開くこともあります。年収で考えるとかなりの差になりますので、生活の自由度も変わりますよね。

もし雇用されて求められるスキルやジョブが、高卒も大卒も同じ水準なのであれば。

同じ時間を使っているのに受け取る給料が大きく変わるのは、損をしていると言えます。

大卒による損

大卒で就職する場合の損は、勤務1年目が終わり2年目に差し掛かったぐらいから目に見えてきます。

上司や社長さんからの評価の目が突然厳しくなるということがあるんですね。

  • アイツは大卒なのに器用に仕事もこなせない
  • 大卒なのにマナーがなっていない

という風に、大卒というネームバリューで安心採用しているような企業だと特に、1年以上仕事をしたあたりでこのように言われるでしょう。

大卒の社員からすれば「別にネームバリューに期待して採用したのはそっちだろ!」と思うかもしれませんが、残念ながら思考停止している企業や人は世の中多いんですよ。。。

さいごに

最後にのテキストとスーツ姿の女性

以上、今回は大卒である必要性はあるのか、それともないのかについて社会人且つ、経営者の目線で解説しました。

大卒というネームバリューを一律で安心して採用する企業が多い。

つまり「人の特性やスキルをしっかり見抜いて採用できている企業が少ない」という状況なので、個人的には大卒であることはメリットであると考えています。

日本で仕事をしないとか、自分で独立起業するなら学歴は別に必要ないと思います。

かの有名なマイクロソフト社のビルゲイツさんも大学を中退しているため、起業家は学歴ではなく、スキルや情熱、効率的な考え方なのではないでしょうか。

「初回無料で相談 クリックでメールを送る」と書かれた問い合わせボタン




▼▼木村正治のYoutubeチャンネル「無料でWEBを学ぶCH」は以下のリンクから▼▼
https://www.youtube.com/channel/UC6KFH9QvZf-Q7BevxsL6oDw

▼▼筆者紹介▼▼
福岡のWEBコンサルタント木村 正治の自己紹介はコチラをクリック

タイトルとURLをコピーしました